とんだ和っかプロジェクトって?

「職業体験」を通じて富田をもっとスキに!

とんだ和っかプロジェクトの看板
笹井屋の前で体験中の子どもたち

「とんだ和っかプロジェクト」は、「富田の町をもっと活性化したい!」と願うわたしたち商店主たちの熱い思いから生まれました。

お子さんに私たちの店を「職業体験」してもらうことを通じて、町のようすをより深く知り、商店街に親しみを感じてもらえたら幸いです。そして、ゆくゆくはその子たちが成長して、富田をさらにステキな町に発展させてくれたら、こんなに嬉しいことはありません。

私たち商店も日々の商いに慢心することなく、地元住民のみなさまと一緒に富田に暮らす楽しさ、快適さをどんどん発展させ、将来子どもたちに自信を持って手渡せる豊かなまちにしていきたいのです。そして、できれば子どもたちが大人になっても、この町でずっとずっと暮らし続けてくれる。そんなことを夢見ながら「町の人と人をつなぐイベント」として、このプロジェクトをスタートさせました。

これまでは年に一度、「とんだ和っかデイ」というイベントを開催するのみでしたが、このたびホームページを開設したことで、もっといろんなことをしたくなりました。「人と町、町と仕事、子どもと大人の和っかをつくろう」をテーマに、一年を通してさまざまな取り組みをしていきたいと思っています。乞うご期待ください。

応募できる体験を見る これまでの写真を見る

とんだ和っか実行委員会の想い

岡田 将揮
代表
岡田 将揮
子どもの頃の夢:
水族館・博物館のスタッフ

はじめまして。第10回とんだ和っか代表岡田将揮です。小学生時代は、魚釣りやスポーツが大好きでした。

今回新型コロナウイルスにより、たくさんのイベントが中止になってしまい、暗い雰囲気が漂っている中、とんだ和っかを開催するかどうか、すごく悩みました。それでも、お友達やご両親と少しでも楽しんで頂ける時間をつくりたいと考えました。とんだ和っかを通して、みなさんの希望を叶え、夢を少しでも応援できたらと思っております。

吉良 摩美
吉良 摩美
子どもの頃の夢:
学校の先生

こんにちは!富田は歴史のある素敵な町です。昔はきれいな水が豊富でおいしいお米がたくさんとれたため、その水とお米でお酒を作る酒蔵がたくさんありました。寺内町としても有名で、いまもその名残りがあちこちで見られます。

そんな富田の町で、みなさんに働くことの楽しさ、興味、ちょっぴりしんどさを感じてもらいたいと思っています。今回はみなさんと一緒に体験できませんが、いろいろ工夫を凝らしてみなさんの参加をお待ちしています!

梅田 純子
梅田 純子
子どもの頃の夢:
マンガ家

とんだ和っかデイは、子どもたちに地元の商店街でさまざまな職業を気軽に体験してもらい、働くことの楽しさや意味を考えてもらおうと地元の有志が運営しています。子ども達が真剣に取り組んでくれる様子に、お店側の大人達も毎年大きな刺激をもらっています。

梅ちゃん
梅ちゃん

とんだ和っかの公式キャラを目指している「梅ちゃん」。

最近では公式グッズの販売まで密かに狙っていて、毎年イベント開催の度にちょいちょい富田の商店街に現れる永遠の小学生。

ランドセルとくるくるほっぺがトレードマーク。口ぐせは「それええなー」。好きなお菓子は飴で固めてない「ポン菓子」。

とんだ和っかプロジェクト
実行委員会メンバー

  • 吉田 芳則
    吉田 芳則
  • 梅田 修司
    梅田 修司
  • 梅田 史生
    梅田 史生
  • 石原 ゆかり
    石原 ゆかり
  • 青山 和幸
  • 東山 諒子
  • 日野 万有美
  • 日野唯真
  • 佐竹龍二

お問い合わせ

お問い合わせは、とんだ和っかプロジェクト公式ラインアカウント、またはメールでご連絡ください。また、よくある質問はこちらに掲載しておりますので、ご覧ください。

友だち追加

メールで問い合わせ

特定商取引法に基づく表記

販売社名とんだ和っかプロジェクト
運営統括責任者岡田 将揮
所在地大阪府高槻市富田町
メールアドレスtondawakka@gmail.com
販売URLhttps://tondawakka.org
お支払い方法クレジットカード
体験以外の必要料金なし
お申込み有効期限イベントで定めた期間内で各体験の定員に達するまで。またその際即時入金となります。
体験材料引き渡し時期ご応募していただいた日時にそれぞれのお店に引き取りに来ていただきます。
体験材料引き渡し方法それぞれの提携店舗からの引き取り
返品・不良品について体験材料が不良品にあたる場合は引き取り日から7日以内にご連絡いただければ各店舗にて交換いたします。まずは上記メールアドレスへご連絡ください。
表現・及び体験に関する注意書き本体験に示された表現や再現性には個人差があり、必ずしも効果を保証するものではありません。